【絶対に見分けられない】2万5000円でAirPods Proの偽物を買ったので本物と比較する!【メルカリ】

この記事はメリカリで2万5千円で騙されて偽物のAirPods Proを購入してしまったので、本物と比較をします。

中古でAirPods Proの購入を考えている人や、偽物と本物を見分け方を知りたい方に向けて書かれた記事です。

(※この記事は2020年8月に更新されました)

 

どうも!DKOです。

今回はAirPods Proの偽物と本物を比較をしようと思います。

 

つい先日、2万5千円でメルカリで購入したAirPods Proが偽物だとわかりました。

めちゃくちゃショックでしたが、使っていて気づかないほど精巧につくられた偽物でした。

僕のような犠牲者を出さないためにも、今回は偽物と本物のAirPods Proを徹底的に比較しようと思います!

 

メルカリの詐欺被害とお金を取り戻す方法については、この記事を読んでください!

新卒就活失敗して人生が変わったブログ

この記事はメルカリで「受け取り評価」の後にお金を取り戻す裏技について書かれた記事です。 メルカリ詐欺被害にあって、返金を…

僕がAirPods Proの偽物を購入した理由

ここでは詳細は省きますが、定価が3万円のAirPods Proが、新品未使用でメルカリで2万5千円で販売されているのを見つけた僕は思わず購入してしまったのがキッカケです。

本物のAirPods Proを見たことない僕は、気づかずに偽物を3日ほど使ってしまっていました笑

 

そんなある日、右耳のイヤホンが聞こえなくなり、修理店に持って行ったところ

修理店の人
あ、これ精巧に作られていますが偽物ですね・・・
DKO
嘘だろ・・・
となり、偽物と発覚しました。
修理店の人が見てもすぐにはわからないほど、精巧に作られた偽物でした。
正直、素人が見てもわからないです・・・
AirPods Proを中古で買う予定の人は、ぜひこの記事を読んで、騙されないようにしてください!!

AirPods Proの本物を偽物を比較する

さて、それでは本物と偽物を比較をしましょう。

外見だけではどれだけ見分けることが難しいかがわかることでしょう。

 

AirPods Proケースの比較

こちら左が偽物、右が本物になります。

AirPods Proのケースの裏にもきちんとシリアル番号が書かれていますね。

この時点で見破れる人は、ほぼいないでしょう。

 

次にケースを閉じた状態です。

若干左側のケースの閉まりが悪い気がしますね。

この閉まりの悪さを修理店の方は指摘していました。

充電する部分も完璧にコピーされていますね。

 

裏面は文字も一言一句同じですね。

これはシャッフルされたらどちらが本物かわかりません。

 

AirPods Pro本体の比較

左が偽物で右が本物です。

もはや何が違うのか、よくわかりません。

 

銀色のメッキも見分けがつきません。

 

単純な偽物だと、マイクのメッシュのところが粗かったりするのですがこの場合は見分けがつきません。

重さや色合いまでほぼ完璧にコピーされています。

 

AirPods Pro箱の比較

箱は若干、左の偽物の方が色合いが暗い気がします。

まぁ比較しなければわかりませんが。

 

箱の裏も一言一句同じですね。

明らかに違うのは側面です。

まず左の偽物には日本語が書いてありません。

シリアルコードも書かれていますが、ダミーです。

それでも「海外で購入した」と言われれば納得してしまうかもしれませんね・・・

 

箱の裏側までソックリです。

安物の偽物だと「AirPods Pro」の銀色の文字が再現できないのですが、こちらでは完全に再現されています。

 

AirPods Proの説明書の比較

説明書を比較すると、やはり左の偽物は文字が薄く、紙の質も落ちます。

左の偽物の説明書には日本語が書いていません。

日本語の代わりに韓国語と中国語で書いてありますね。

 

意外にも本体よりも、説明書の方が偽物と本物で差がはっきりと出ているように感じられます。

 

AirPods Proの付属品の比較

付属品はケーブルにはほとんど差が見られません。

しかし、イヤホンチップは大きな差がありました(比較的ですが)

イヤホンチップを包んでいる紙の質が大きく違います。

左の偽物には「S」「L」などの表記もありません。

 

しかしイヤホンチップを止める凸起もあるので、騙されてしまいますね・・・

AirPods Proの使用感の違い

AirPods Proの本物と偽物では、使用感は全く違います。

ノイズキャンセリングや、センサーの感度、耳へのフィット感、電池の持ち・・・などなど

しかし、それも本物と偽物を比較して初めてわかるものです。

偽物だけを渡されれば

DKO
まぁ、こんなものか・・・
と納得してしまうほどでしょう。
iPhoneと接続しても、このように本物さながらに接続ができます。
こちらは偽物の画面ですが、この画面を見てしまうと本物と信じ込んでしまうのも無理がありませんね。

メルカリやラクマでAirPods Proの本物と偽物を見分けるコツ

結論から言うと、AirPods Proの本物と偽物を完全に見分けることはほぼ不可能です。

特に写真でしか商品を見ることができない、メルカリやラクマでは尚更です。

どのようにすれば、偽物を見分けることができるのでしょうか。

 

シリアルナンバーを確認する

AirPods Proの本物と偽物を見分けるコツ、それは・・・

シリアルナンバーを確認する

これしかありません。

 

シリアルナンバーはApple製品の全てに割り振られていて、偽造することはできません。

シリアルナンバーがわかれば自分で、その製品の状態を確認することができます。

Apple の保証状況を確認します。シリアル番号を入力して、延長保証やサポート資格をご確認いただけます。…

ただ、誰かが所持しているシリアルコードを使われていたら・・・お手上げです。

 

日本人よる詐欺は、見分けることが困難

読者
こんな詐欺をするのは中国人とかの外国人だから、文面を見ればわかるでしょ?
と思われる方がいるかもしれません。
しかし僕がメルカリで購入した時にはこのように綺麗な日本語で説明が書かれていました。
やり取りのメッセージも不自然な日本語はなかったので、日本人だったのでしょう。
(それにしても「正規品!」って書いてあるの腹たつなぁ・・・)

さらに価格も正規の3万円から5000円引かれて、2万5千円だったので「それっぽい」価格でした。

このように日本語が正しく書かれているから本物であるとは限りません。
そして日本人が本気で騙してくると、見破ることは困難です。

まとめ:高価なものは正規店で買おう!

AirPods Proに限らず、ブランド物や高価な物は正規店で買うようにしましょう。
今の時代にはコピー品のクオリティーはどんどん上がっていて、素人目では判断がつきません。
特に写真でしか判断がすることができない、メルカリやラクマでは騙そうと思えば、いくらでも騙すことができます。
僕の場合にはすぐに気がつくことができ、なんとか返金をして貰えました。
しかし気づかずに、偽物を使い続けている人もいることでしょう。
AirPods Proの偽物と本物を完全に見分けることはほぼ不可能です。
ケチらずに正規の値段で、正規店や正規の販売ルート(Amazonなど)から買うようにしましょう。
僕のように、「安物買いの銭失い」にならないようにしてください!
それでは!