スタバで勉強は問題なし!!僕が毎週5時間スタバに居座る理由

この記事はスタバで勉強をしていい理由を知りたい人に向けて書いています。

スタバには何時間いてもいい理由を説明しています。

(この記事は2020年の1月に更新されました)

 

こんにちは、スタバ好きなDKOです。

 

僕は休日は必ずと言っていいほどスターバックスに行きます。

しかも片道30分かけて。

 

それほどスターバックスに入れ込んでいます。

とは言っても僕のスタバ歴は短く、恥ずかしながら初めてスターバックスに行ったのも1年前でした。

 

それまでは

DKO
意識高い系が飲む、飲み物だろ?

なんて思って食わず(飲まず)嫌いをしていました。

 

しかし初めて行ったその日から、その魅力に取り憑かれてしまいました。

 

美味しい飲み物に、フリーwifi、心地よい店内。

DKO
ここは天国かな?

 

狂ったようにスタバに通いまくり、1年間でアプリを使って6回のRewardを手に入れました。

Rewardはスタバアプリのシステムで、ポイントと交換ができて1Rewardで1つの商品と交換できます。

50円購入ごとに1ポイントで150ポイントで1Rewardなので

50×150×6=45000

45000円も年間に使ったことになります。

 

読者
何でそんなにスタバに行ってるの?バカなの?
と考える方もいるかもしれません。

 

 

僕がそこまでスターバックスに魅了された点、それが

作業がめちゃくちゃ捗る

って点です。

 

僕はこのブログや英語の勉強、読書や経済の勉強などの趣味があるのですが、なかなか家だと集中できないんですよね。

しかしスターバックスに巡り合ってからは、嘘のように効率が上がり集中できるようになりました。

本当にスタバなしでは、このブログは成り立ちません。

 

一方で、スタバで勉強や作業をすることを敵対視する人も少なくありません。

 

そんななかで

読者
スタバで勉強していいのかな・・・
と心配している人もいることでしょう。
でも大丈夫。スタバで勉強は問題ありません!
スタバで勉強がOKな理由、そして僕がスタバに毎週5時間通う理由について書きました。

スタバで勉強がOKな理由

スターバックス に限らず、カフェで論争になることといえば滞在時間ですよね。

こんな意見を目にすることもしばしばあります。

しかしスタバに限っていえば、勉強をして長居することは問題ありません。

 

理由は2点あります。

スターバックスの理念がサードプレイスだから

もともとスターバックスは”Third Place”(家庭でもなく職場でもない第3の空間)というコンセプトを理念として掲げていることが理由です。

 

スターバックスはコーヒーを提供する企業ではなく、場所を提供する企業なのです。

 

実際に以下のような見解が公式から出されています。

Starbucks’ official response to this movement: “We strive to create a welcoming environment for all of our customers. We do not have any time limits for being in our stores, and continue to focus on making the Third Place experience for every Starbucks customer.”

訳:スターバックス公式はこのような運動(利用時間を制限すること)にこう答えている。「私たちは全てのお客様に心地よい環境を作ることを使命としています。我々は店に滞在する次回にいかなる制限を設けませんし、サードプレイスを全てのお客様に提供することに注力し続けます」

(引用元はこちらから)

 

こちらの文章は、多くのコーヒーショップが客の滞在時間に制限を設ける流れについてのコメントです。

 

いいですか?

他の誰でもないスターバックス公式が、We do not have any time limits と述べているのです。

(notとanyを組み合わせると強い否定って学校で習ったので、ハッキリと否定しています。たぶん)

 

長居することに文句があるなら、公式に対して訴えるべきでしょう。

 

そして大事なことは、スタバの商品の代金に滞在の料金が含まれている、ということです。

スタバの商品が他のコーヒーショップよりも高いのは、提供する場所代も入っているということです。

 

「店員に迷惑」は間違い

読者
長時間勉強すると、店員に迷惑かも・・・

なんて心配も必要ありません。これが2つ目の理由です。

 

客が長時間店にいて困ることは「他の客が店で飲み物を飲めない」ということです。

そしてそのために、売り上げが落ちるということです。

 

でも考えてみてください。

そもそも店員は基本的に時給制、月給制で働いています。

店の売り上げが多少変わったところで給料は変わりません。

 

特にスターバックス のようなメガチェーンはほとんどの店員がアルバイトです。

店の売り上げを気にするような人はほぼいないでしょう。

 

1人が店で長時間勉強したところで、店員の忙しさや賃金に影響を与えることはありません。

 

もちろん個人で経営していているようなカフェだと話は違います。

「店舗同士で月の売り上げのデットヒートの最中」なんて場合も例外です。

 

もしくは、

店員
僕は1人でも多くのお客様に、サービスを届けるんだ!!

なんて熱い想いを持つ店員がいる場合も違います。

 

でもそんなことがない限り、長時間滞在したところで店員にかける迷惑なんてたかが知れています。

なので、店員の目など気にせず大丈夫です。

 

以上の理由から、スターバックス では長居をしても問題はありません。

 

ただし、以下のような長居を注意するような看板があるような店舗の場合は、大人しく指示に従いましょう。

 

 

 

僕がスタバで長時間過ごす理由

僕は時間が許す限り、スタバで時間を過ごしています。

休日は5時間店内で過ごすことなんてザラです。

 

僕がそれほどまでの長い時間を過ごす理由は以下の通りです。

集中できる雰囲気

スタバの良さはまず、その雰囲気にあります。

 

ちょうどいい明るさの照明や、音楽、色調やソファーな快適な空間の極みです。

全てが「ちょうどいい」のです。

 

この空間を作ることは簡単ではありません。

 

ルノワールに行くとちょっと重い雰囲気ですし、逆にドトールなんかは軽すぎて集中できる感じではありません。

また言うまでもなくマクドナルドでは小・中学生の溜まり場とばりとてもではないですが、勉強なんてできません。

 

その点で言えばディズニーランドのように、スターバックスには唯一無二の雰囲気があります。

 

そこに人は惹かれるのではないでしょうか。

 

スターバックスの雰囲気にフィットできれば、どの場所よりもはるかにリラックスして集中できる場所となるでしょう。

 

フラペチーノ

 

これは本当に個人的な意見ですが、スターバックスのフラペチーノは革命的だと思います。

 

フラペチーノはそもそもスターバックスの造語で、スターバックス以外でフラペチーノが飲めるお店はありません。

かき氷でもなく、アイスでもなく単純な飲み物でもないのですが、その独特な美味しさはファンを魅了します。

 

他の店でも同じようなベバレッジを開発していますが、フラペチーノに勝るものはありません。

 

たまに勉強のモチベーションがない時や、面倒臭いと感じる時も

フラペチーノが飲める!

というモチベーションがあれば勉強を始めることができます。

 

何事も継続することが大切ですが、スタバのフラペチーノが僕の継続力に一役を買ってると言えるでしょう。

皆さんもお気に入りのベバレッジを見つけることをオススメします!

サービスの良さ

スターバックスの最大の強みは何か。

 

それは

サービスの良さ

だと思っています。

 

それほどスタバのサービスは良いものと言えるでしょう。

 

店員の接客では、笑顔であったり話掛け方も普通のお店とは違って丁寧さが見受けられます。

ちょっとした困りごとも見逃さずに、店員が素早く対応をしています。

これはマニュアルではなく、「心地よい場所を提供する」というスピリットが全ての店員に刻み込まれているからでしょう。

 

本当に些細なことですが、僕は毎回心地よい接客を受けることができてとても気分がよくなります。

またそれ以外でもWifi設備や、寒い時の毛布貸し出しなど痒い所に手が届くサービスが充実しています。

 

時々「スタバは高い!」という意見も聞かれますが、このサービスと滞在できる時間を含んだ価格と考えれば破格の値段だと僕は思います。

 

まとめ

僕は特に予定のない休日はドリンク1杯で4〜5時間は滞在して勉強やブログを書いたりしています。

 

その中で一度も店員から注意をされたこともないですし、本当に集中して作業に取り組むことができています。

ワーキングプアでお金がない僕DKOですが、家や他の店では集中できない分、自己投資だと思ってスタバにはお金をかけています。

 

何度も繰り返すようですが

スターバックスでは商品を買えば「好きなだけ」滞在して大丈夫ですし、そのための料金は商品含まれています。

 

だからこそスタバで商品を買って持って帰るだけでは、とても勿体無いと思います。

比較的高い代金を払っているので、せっかくなら積読している本やいつかやろうと思っていた資格の勉強などをする場所に使ってみてはどうでしょうか!!

 

おまけ

なんと、なんとつい先日2019年4月に、当たりレシートを当ててしまいました!!

当たりレシートとは1000人に1人ぐらいの割合で、スタバで商品を購入後に貰えるレアレシートです。

 

レシートのQRコードを読み込むと、簡単なアンケートに答えることができて、最後に4桁の番号が表示されます。

それを書き込んだレシートを日本全国どこの店舗でも持っていくと、無料で好きな飲み物を一つ貰うことができるのです。

 

しかもカスタマイズも無料でできるそうなので、ぜひ初カスタマイズに挑戦しようと思います。

 

やはり結構珍しいことらしく、店員さんも驚いていました。

皆さんも当たりレシート目指して、通いつめてみては!?

 

それでは!!